忍者ブログ
  • 2020.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/04/08 18:41 】 |
薄桜鬼 黎明録プレ記拾参
土方ルートの続き。

土方視点の十六夜挿話。龍之介と稽古するが、龍之介はボロボロにされる(笑)。んで帰り際に水飲んでおけ、と言ってくれた土方に萌えt(ry)。当日。平助に押され気味の土方さんに龍之介が「今だ!」と叫んで彼の勝利を導く(?)。まぁ、実際は龍之介が叫んだと同時に平助に技を仕掛けたんですけどね。帰り際に熱い声援をくれるのは嬉しいが、上覧試合だということを忘れるな、と注意される。スミマセンデシタ。
羅刹誕生事件。土方さんが止めを刺して龍之介を助けてくれました。なんで来たって怒られましたけどね。というか、土方さんの血を浴びた姿、初めて見たよ。今まで誰のルートでも見なかったのに。その事件の後、永倉に誘われ、稽古に加わることに。休憩中に新米隊士たちが愚痴を漏らしていたところを龍之介が喧嘩を売るような発言を。もうっ!だめだよ!そんなこと言ったら!危うく殴り合いが始まるかと思ったところに土方登場。つーかアンタ今のやりとり聞いてたんかい!!一体いつから聞いてたというの!?
芹沢の大坂行きを断ると始まる島原の話。原田と同じような話かぁ・・・、と思っていたら、少し違いました。龍之介よ、部屋を間違えちゃだめだよ。ほら、あの土方さんまで驚いちゃってるじゃん。土方と一緒にいた舞妓が逃げようとしたところを舞妓の腕をつかんで逃がすまいと舞妓を睨みつける。土方さんは舞妓が杯に薬を入れていたところを見逃さなかったらしい。どうやら彼を酔いつぶれてフラフラ屯所に帰るところで浪士たちが彼を殺すつもりだったようで。あのスチル、土方氏が若干怖かった。いつもですけど(笑)そこへ原田が浪士たちをつかまえて戻ってくる。それを見て泣きじゃくる舞妓さん。土方さん、舞妓に男の選び方をもっと考えろとか言い残して去っていく。島原の帰り道。土方さんは芹沢さんのようにあの舞妓を斬り殺すつもりだったのか?と龍之介に聞かれるが無言で去っていく。彼と同じような行動は取るつもりはないらしいが・・・。
芹沢の部屋での話。芹沢に近藤さんを押し上げるための熱意が足りない、泥に塗れてもいいという覚悟が足りないと散々言われ、ついに。鬼になれ発言してきました。他の全てのものを敵に回してもいいという覚悟があるなら世の中の理を覆せるかもしれない、と言われる。さぁ、どうするんでしょうか?そのあと総司が切腹する発言で大変ご立腹な土方に龍之介が話しかけた。ものすごい形相で睨まれた。精神的ダメージ1000食らった気分でしたよ。
十六夜挿話。総司に当たり散らす真似をしたことを悔いている様子。そして自分には芹沢のようなことは出来ないと悩む土方。その彼を励ませることが出来るのは近藤さんしかいない。近藤さんが励ますと土方さんはしばらくは驚いた顔で近藤さんを見ていたが、心に響いたのか急に川を見ているフリをし始めました。これは目がうるんでいるのを見られたくないがために取る彼の行動らしい。・・・かわい(強制終了)。
さて。土方さんによると監察方を置くことにしたらしく、龍之介は芹沢に監察方をやれと命じられる。おやおや。厄介なことになってきちゃいましたね、龍之介。で、酒を買った帰りに女の子とぶつかって酒瓶を落として割ってしまう。それを弁償するという女の子。龍之介は、その女の子が小鈴だと気づく。彼女も浪士組の一員だと知った瞬間態度が一気に変わる。龍之介が小鈴に芹沢の逢状が来ても彼のところに行くなと忠告すると突然彼女が笑いだす。・・・え?どしたの?小鈴が座敷で誰かに今聞いたことを喋っちゃうかも、という脅しのような言葉にうろたえる龍之介(笑)。まぁ、冗談だったらしいですが。というか原田ルート以外で彼女が笑う立絵なんて初めて見ましたよ!そのあと彼女と団子屋に行って少し話をして彼女と別れる、が。誰かに見られていた気がした龍之介でしたが、今回はスルーしました。スルーしちゃイカンぞ!もし誰かが命を狙っていたらどうするんだ!・・・まぁ、彼を狙う奴なんていない・・・と・・・思いますけど。

う~ん・・・。土方ルートになってやっとメモを取り始めたので土方ルートだけやけに長く見える;今まで記憶を頼りに書いていて、やっぱりメモを取った方がブログにも書きやすいと今更気づいて。・・・二週目やって他の隊士たちのもちゃんと書こう。特に原田ルートが一番短い。だってなんか彼には突っ込むところが特にないというか・・・、油断も隙もないというか・・・。
・・・最初に書くべきでしたが、

土方ルート、今日で終わりました。

・・・本当です。今日のろのろ進めていたはずなんですがね。というか途中でやめるはずだったんですが、話の続きが気になってやっていたらいつの間にか千鶴が登場してきてたので。その時気づきました。ヤバ。もっとのんびりやって黎明録を堪能する私の計画がっ!!今日の私を恨みます(笑)。
で、土方さんの話は長くなりそうなのであと二回くらいに分けて書いていきたいと思います。・・・というかコレ、見ている方いらっしゃるんでしょうかね?(笑)

拍手

PR
【2011/05/01 21:38 】 | 薄桜鬼 黎明録プレ記 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<薄桜鬼 黎明録プレ記拾四 | ホーム | っていうか・・・>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>